自分の身を守ろう|盗聴器調査をプロに頼むメリットとは

機能を使いこなそう

地図

いざという時に役立つ

みなさんは旅行に行く時、自然災害やテロが起きた時などの「いざという時」の為に備えていますか。今回は知っているようで知らない「gps」の便利な追跡機能についてレクチャーしていきたいと思います。まず、gpsとは何に使うものなのか、自分の居場所を正確に把握し、行くべき方向を確認する為に使うものです。例えば旅の場合、マップを見ても自分がどこにいるかわからなければ進むべき道も見えませんね。gpsは行方不明になった時こそ威力を発揮するものです。追跡する事で生き埋めになった人を発見したり遭難した人を救助するのに使えます。さて、そんなgps機能を使う時にポイントなのが、設定です。充電を消耗するからと現在地をオフ設定にしているといざという時にトラブルが起きかねません。その為、gps機能をオンにしておく事で、家族や救助隊の人が追跡出来るようにしておく必要性があります。お年寄の人にもこの機能は非常に有効です。例えばアルツハイマー病を持っている方などは、いつどこに行くか不安を感じてしまうかもしれません。追跡機能があれば、アラームや設定ですぐに発見する事が出来ます。つまり迷子だけでなく、救助の為に使用するのが本来のgpsの目的なのです。サバイバル訓練や自衛隊でも用いられる理由はここにあります。備えあれば憂いなしとはまさにこの事です。追跡は現在地、そこに居る時間なども正確に出るため、データから分析できる画期的な救助方法です。